を選ぶためにどのようなところに注目すればよいかを紹介します。" />
失敗

学資保険選びで重要なところ

とりあえず学資保険に入っておけば安心と思う人は間違っています。
たしかに学資保険に入れば入学のタイミングでの祝い金や満期保険金がもらえますが、途中で解約したらお金を一度も受け取らずに終わることもあるからです。
きちんと満期になるまで契約を続けられる保険を選ぶべきですし、自分に合った保障内容を設定しなければ役に立たずに終わります。

学資保険を検討している場合、まずは加入の必要があるかどうかを考えましょう。
もちろん十分な貯蓄があってこれからも十分な収入が見込める場合は学資保険の検討は必要ないでしょう。
また、万が一に備えて計画的に貯蓄ができる人もあえて加入することはないかもしれません。
両親が加入している生命保険で十分な保険金が受け取れる場合も改めて学資保険の加入は必要ないかもしれません。

このように、現在の状況からそもそも学資保険を新しく自分たちの生活に組み込むべきか否かを考えてみましょう。
場合によっては自分のペースで貯蓄したほうが蓄えが多くなる場合もあります。
また、今加入している保険を手厚くするほうが保険金や保障が手厚くなって良い場合もあるのです。

では、学資保険に加入したほうがいいと判断した場合、何に注目して選べばよいのでしょう。
他の所でも説明した返戻率はもちろんですが、他にも注目すべきことが給付のされ方です。
給付のされ方は保険によって異なったり、場合によっては自分で選ぶことができるのです。

たとえば、入学時に最もお金がかかるのは大学入学時です。
そのため大学入学時、つまり満期の時にすべてのお祝い金を受け取るという方法もあるのです。
また、大学入学の費用に充てたい場合、18歳になって満期では間に合わない場合も考えられます。
そこで、満期を17歳にすることも選べます。

もちろん、私立中学・高校への進学を考えている場合は中学・高校入学時にも祝い金を受け取るという方法も選べます。
学資保険の満期保険金を大学入学に充てるつもりがない場合は20歳・22歳といった自立時期に満期時期を合わせることもできます。
このように学資保険の使い道を考えて加入をしてはじめて「学資保険に入っているから安心」と思えるのです。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.