失敗

学資保険をお得にお支払いする

学資保険への加入は検討しているけれども月々の支払いを20年近く続けられるか不安という人は多いものです。
その不安を取り除くためにも、支払う金額を少なくする方法がいくつかあります。

まずは、学資保険の保険会社と同じ会社の異なる保険に加入することです。
同時に契約や新規で追加することで学資保険が安くなることがあります。
保険会社によっては本人の保険でなくても家族のものでも良い場合もあります。

家族の保険を同じ保険会社に揃えたり、兄弟が産まれたときに同じ学資保険に加入したりすれば割安になるということです。
また、複数加入した保険の支払いをまとめるとさらに割り引かれることがあります。
ただし、保険を増やすことで月々トータルでの支払いが増える場合や、他の保険から変えることで給付金や満期金が受け取れないこともあります。
安くなるからと簡単に保険をまとめたり増やしたりするのではなくすべての保険の支払いと受け取りのトータル金額を確認したうえで決めましょう。

他に、一括払いや年払い、半年払いなどまとめて支払うことでトータルの支払額を安くする方法があります。
最初に一括ですべて払うのは難しかったとしても、契約の途中で残額をすべて一括で支払う場合にも割り引かれる保険会社もあります。
ただし、先払いには一点注意すべきことがあります。

先払いした後には保険料免除は適用されません。
保険料免除とは契約者が死亡したり重度障害を負った場合、保険料の支払いが免除となりさらに給付予定の祝い金や満期保険金も受け取れる仕組みです。
保険料をすべて支払ったものを返金してほしいと言っても不可能ということです。
契約者に万が一のことがあることだけでなく、より良い保険に加入したいと思った場合のためにも無理に一括で支払う必要はないと考えられます。

その他にも振り込みではなく引き落としで支払うことで割引がされたりインターネット契約の特典で保険料が安くなる保険会社もあります。
全てを適用することができる保険会社というのはないですが、いくつかの割引を併用して割り引く保険会社はあります。
保険内容と割引サービスの内容とを見て賢く選ぶようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.