失敗

学資保険は教育資金の積み立ての代表

こどもが産まれたら喜びや楽しさはもちろんですが不安なこともたくさん増えます。
こどもの望むことはなんでも叶えてあげたいと思うのが親心ですが、それにはたくさんお金がかかります。
特にお金がかかるのが教育に関することです。
幼稚園から大学まですべてを国公立に預けても1000万円かかると言われています。
もしも中学受験をしたいと言えば私立中学に通わせるだけでなく学費だけでなく塾の費用も必要になります。
医学部に進学したり大学院に進学すれ6年間大学に通うことにもなります。
このように、進路によっては一般的に言われている学費を大幅に上回る可能性があるのです。

そこで、教育資金を上手に準備しておくことが大事になります。
この準備で役立つのが学資保険です。
学資保険の良いところの一つが早いうちから教育目的での貯金ができることです。
こどもが小さいうちは教育費はさほどかかりません。
その頃から将来の教育に使うためにお金を貯めておけば後々楽ができるようになります。
学資保険は自分で貯金する場合と異なり自分でお金を引き出せません。
お祝い金や満期保険金は学校入学のタイミングで支払われるのが一般的です。
そのため、貯めたお金を入学資金として使えるのです。

また、保護者に万が一があった場合には保険料の支払い免除がされます。
支払いは免除されますが、支給される給付金は予定通り受け取れます。
この育英年金があることで、自分に何かあってもこどもが安心して教育を受けられるようになります。

もちろん、学資保険ですべての入学費用を賄うためには月々の支払いを増やさなくてはなりません。
無理をして月々の支払いを大きな金額にしてしまうと途中で支払えなくなる可能性があります。
支払いができなくなると解約をしなくてはなりません。
解約すると当初受け取るはずだった給付金は受け取れなくなり、ほとんどお金は戻ってきません。
学資保険は入学費用の半分ほどが賄えるのを目安に積み立てをしましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.