失敗

学資保険は大切なこどもの夢を叶える

こどもは無限の可能性を持っています。
将来の進路について親も期待するものですし、こどもの夢は叶えてあげたいと思うものです。
たとえ最終的には実現できなかったとしても可能な限り応援したいと思いますし、できる支援はしたいものです。
そんなときに「お金がないから諦めなければならない」なんて言わずに済むように早いうちからしっかりと準備をしておくことが大切です。

こどもが産まれてすぐにはその子の将来がどのような進路かは想像できません。
大きくなるにつれて個性が出てくることで適性が見えてきますし、こども自身もなりたい職業を口にすることが出てきます。
そのころまでにはある程度の準備をしておかないと後々お金の準備が大変になってきます。

近年、教育にかかる費用は増加傾向にあります。
受験の若年齢化が進み、早い子では幼稚園受験をします。
それに伴い塾通いの年齢の低年齢化が進んでいるのです。
中学受験を検討していなくても学校内容の補強や高校受験の準備のために小学生から塾に通っている子も多数です。
勉強に関してだけでなくスポーツや芸術の道に進んだ場合も、その分野に強い学校に進学すれば高校から寮に入ることもありますからお金がかかります。

このような状況のため、現代は教育費に対しては早いうちからきちんと考えておく必要があるのです。
特に大学や専門学校の費用は大きいため、18歳までにある程度まとまった金額を用意しておかなければなりません。
もちろん、一定の年収が確保できていたり貯金や資産があったりでお金に心配がない家庭であればそこまで深刻に考える必要はないかもしれません。
でも、そんな家庭は一握りですから大多数の家庭では早いうちから検討が大切です。

その中でもとても有効なのが学資保険です。
学資保険はもっとも学費のピークを迎える18歳まで学費として貯金をすることが可能です。
保険なのでもちろん医療保険や生命保険のような保障を受けることも可能です。
学資保険には貯蓄に長けているものと保障が手厚いものとありますからご家庭に合ったものを選ぶことができます。
月々の支払いはさほど大きくなくても10年以上続ければ大きな金額になります。
早いうちから加入すれば返戻率も大きくなりますから、こどもが産まれる前から少しずつ検討するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.