失敗

学資保険の詳細

結婚、妊娠・出産のタイミングで必ずと言っていいほど周囲から保険の勧誘を受けるものです。
特にこどもが産まれたら学資保険は必ず入りなさいと言われます。
実際、今でも7割ほどの世帯で加入していて、未加入の家庭でも「加入のタイミングを逃したが入りたかった」という世帯が2割、トータルで9割の家庭で加入の意志があると言われています。
そんなにも多くの人が加入の意思を示す学資保険とはどのようなものでどういった魅力があるのでしょうか。

学資保険とはこどもの教育にかかるお金を補助することを目的として、契約した保険料を支払えば教育資金が必要になる時期に給付金としてまとまったお金を受け取る保険です。
入学祝金や満期額資金として主に契約時に決めたタイミングで給付金が受け取れるシステムになっています。
生命保険の役割も担っていて、こどもや契約者に万が一のことがあった場合は死亡保険金や病気やケガの治療のための給付金が出るものもあります。
保険によっては学資保険の契約者が亡くなった場合にはそれ以降の保険料は免除され、給付金は支払われるようになっています。

学資保険は教育費のための積立だけでなく、契約者や被保険者の万が一の時の保障もする商品が多いため、貯金と保険と二つの役割を一つで行うことができるのです。
学資保険以外に医療保険や生命保険に加入しない場合には保険料を上乗せして保険を手厚くすることができる商品もあります。

学資保険を利用することで教育費の確保ができるのです。
こどもが成長する中でかかる経費の中で教育費の占める割合はとても高いです。
特に中学から大学まで市立に進学した場合には2000万円ほどかかると言われています。
これだけの費用をねん出するには計画的な準備が必要なのです。

教育に必要なお金を計画的に貯蓄ができることと、万が一の時の養育費の保証が受けられるというのは今の不安定な世の中ではとてもありがたいものです。
月々の支払いが無理のないよう生活スタイルに合った学資保険に入ることで得られる安心はとても大きいのです。
そしてその役割を果たすのが学資保険なのです。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.