失敗

学資保険の特徴に関して

学資保険の一番の特徴は生命保険でありながら、貯金ができることです。
自分が支払った保険料が小・中・高・大学入学時と満期時に満期保険金として受け取れるのです。
進学する際に受け取ることができるので、毎月の貯金がほかのことに使われることなく入学費用や制服等の必要経費に充てられるのです。

学資保険の満期は18歳が多いですが、満期の時期を変えることもできます。
満期を18歳に設定した場合、大学の入学金等を支払うまでに満期保険金が受け取れない場合があるためです。
このように、学資保険に加入しておくと計画的に貯金ができ、必要な時期に給付金を受け取ることができるのです。

もしも、契約者が死亡したり重度障害を負った場合にはそれ以降の保険料の支払いは免除されます。
支払いは免除されても満期保険金や祝い金はきちんと全額受け取ることができます。
これは普通に自分で貯金をする場合にはできないことなので大きなメリットです。
もちろん、保護者だけでなくこども自身の保険も学資保険にはついています。

保障内容がプランや保険会社の商品によって異なりますが、病気やケガの場合にも給付金を受け取ることができるものもあります。
元のプランでは保障内容が足りないと感じれば手厚くすることもできますから、別に生命保険に加入しなくてもよいのです。
ただし、保険を手厚くすればその分、返戻率が下がる場合があります。

返戻率とは自分が支払った保険料に対する受け取る給付金の割合です。
保険を手厚くしすぎると返戻率が100パーセントを切ってしまい、元本割れをする恐れがあります。
これについては生命保険と学資保険の二つを持つことと学資保険一本に絞ることとで最終的にトータルで支払う金額を比較して検討するようにしましょう。

また、学資保険は様々な保険会社が商品を出しており、それぞれに特徴があります。
保障内容や返戻率、月々の支払金額など内容を見比べて家庭のマネープランに合ったものを選ぶようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.