失敗

学資保険の必要性に関して

学資保険に加入している人はこどもを持つ親の50パーセントを超えていると言われています。
さらに、加入を検討した家庭は90パーセントあり、検討したが加入していない家庭の理由は「タイミングを逃したため」だそうです。
学資保険とは、多くの人が必要性を感じて加入を検討するものなのです。
では、なぜ学資保険が必要性が高いのでしょうか。

まずは、早くから教育費の準備ができる点です。
加入していない多くの人が「タイミングを逃した」と言うように、こどもが産まれてしばらくはとても手がかかります。
初めての育児で毎日忙しく、保険の加入手続きや説明を聞きに行く時間の余裕がないのです。
学資保険は早くから加入することに意味があります。
長く保険会社にお金を預けたほうが利息が多くつき、満期の際に受け取るお金が多くなるためです。
また、こどもが小さいうちは教育費はほとんどかかりません。
こどもが大きくなるにつれてかかる費用が多くなりますから、ほとんど教育費のかからないうちから将来に向けて計画的に準備しておく必要があります。

もうひとつ、 大きな特徴が育英年金があることです。
保護者に万が一のことがあり、保険料が支払えない状況になると保険料の支払いが免除されます。
支払いは免除されますが、給付金は予定通り支給されます。
これは自分で貯金をしていては受けられない恩恵です。
万が一があってもきちんと教育を受けさせることができることは大きな安心材料になります。

他にも税金面での優遇や銀行での貯金より利息が大きいなどメリットはたくさん存在します
もちろん良いところだけではありません。
また、学資保険は入って損はないと言えますが、絶対に入らなくてはならないものでもありません。
自分できちんと貯金ができたりお金の心配がないなどの理由で学資保険に必要性を感じない人もいるかもしれません。
きちんと家庭のマネープランに合ったものを選ばなければ入っても役に立たないと困ります。
一般的に必要性が高い理由がきちんと自分にも当てはまるのか検討してから加入しましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.