失敗

学資保険の内容について

学資保険は、こどもの教育費を準備するために役立つ保険です。
毎月保険料を支払うことで生命保険・医療保険としての役割を果たしつつも入学時や満期時に給付金を受け取れます。
ただし、学資保険の内容は保険会社やプランによって様々です。
自分に合った保険選びをすることが大事なのでその仕組みをきちんと理解しておきましょう。

まず、加入時期については産まれる前から小学校入学までに加入するのが一般的です。
満期の年齢まで保険料を払い続けますが、満期時も17歳から20歳まであります。
これは、満期時を選べる保険もありますし、決められているものもあります。
17歳が選択できるのは大学入学前の入学金の支払いに満期保険金を充てられるように考えられた措置です。
このように学資保険は加入期間を選べますが長い人だと20年近く保険料を支払うことになります。
この保険料はまとまったお金があるならば一度に支払うことも可能です。

学資保険には医療保険や生命保険がついているものがあります。
育英年金もついており、契約者が亡くなったり重度障害を負ったりした場合、それ以降の保険料の支払いが免除になり、なおかつ給付金は受け取れるというものです。
この制度があるおかげで自分に万が一のことがあっても教育費を用意することができます。

学資保険には貯蓄型と保障型がありどちらかに重きを置くかバランスの良いものを選ぶか考える必要があります。
貯蓄型は貯蓄がメインなので医療保険や生命保険の内容が薄目ですが、返戻率が高いものが多いです。
返戻率が高いと支払った金額よりも戻ってくる金額が多くなるため、貯蓄性に優れるのです。
保障型は医療保険や生命保険の内容が手厚いため、他に保険に加入する必要がない場合が多いです。
しかし、返戻率が下がるため、学資保険の元本割れを起こし支払った金額より戻ってくる金額が少ない場合が多いです。
どれが自分にとって望ましい保険なのか比較検討して考えていきましょう。

満期になって受け取れる金額を高くすればするほど月々の支払いは増えます。
もちろん、満期時に受け取る金額が多いほうが嬉しいですが途中で支払えなくなってしまうと解約しなくてはならなくなります。
途中での解約は損をする可能性が高いので避けたいものです。
月々の支払金額は毎月確実に支払える金額に設定しておきましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.