失敗

学資保険と普通の貯金の相違点

学資保険に貯金の役割があると聞くと定期預金などの貯金とどちらを選ぶべきか悩むものです。
学資保険にあって普通の貯金にない大きなメリットは貯金と保険を兼ねることができることです。
また、被保険者に万が一のことがあった時にはそれ以降の保険料が免除され、なおかつ満期保険金や祝い金は予定通り受け取れることがあります。
これが学資保険と貯金との大きな差が出る部分です。

ただし、不謹慎とも言えますが被保険者に何もなかった場合には得をしない可能性もあるのです。
貯金の場合には貯金したお金から使いさえしなければ、積み立てたお金が減ることはないです。
さらに、定期預金など銀行に預けておけばわずかでも利息が付いて増えることがあります。
しかし、学資保険の場合は保障の内容によっては元本割れを起こすことがあるので注意が必要です。
元本割れというのは満期保険金と祝い金として受け取る金額が自分の支払った保険料の合計を下回ることです。

学資保険は満期まで預けない限りこの元本割れを必ずおこします。
途中で解約すると一時金や満期保険金がもらえなくなるためです。
たとえば生活が苦しくなって学資保険を解約しなければならなくなった場合など、お金が必要な場面でお金が受け取れず全くの無駄になってしまう可能性があるのです。
しかし、自分で貯金する分にはどこかで止めても何かペナルティが課せられるということはありません。
しいて言うならば、定期預金は途中解約をすると利率が低くなる場合があります。
それはあくまでも利息の金額が減るだけなので元本割れをすることはありません。

学資保険はあくまでも生命保険の一つであり「保険のついでにお金が給付される」と考えれば得が多いものです。
貯金をメインに考えるならば学資保険にこだわらなくてもよいと言えます。
ただ、学資保険に入らない場合は個人で生命保険に加入が必要になります。
そのことも含めてシミュレーションしたうえでどちらを選択するか決めるようにしましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.