失敗

学資保険で教育費対策を快適にする

こどもが成人するまでにかかる費用の中でも教育費はとても多くのシェアを占めています。
教育費には学費以外にも制服費や修学旅行積立金のような学校でかかる費用以外にも塾や習い事のお金も含まれるためかなり大きな金額になるのです。
特に大学入学費用がかかる18歳の高校卒業直前に教育費はピークに達します。
教育費は年齢が上がるにつれて費用がかかるようになりますから、あまり教育費がかからない産まれて間もないころからの計画的な準備が大切なのです。

そもそも教育費にはいくらくらいかかるのでしょうか。
幼稚園から大学まですべて実家から公立に通ったとしても最低で800万円、すべてが私立で2000万円と言われています。
医学部や薬学部など6年間の通学が必要であったり、大学院進学や留学があれば3000万円を超える場合があります。
また、これ以外にも習い事や、受験のために塾へ通ったり、浪人をして予備校に通うことになったりすればさらにお金はかかります。

そこで、計画的に教育費を積み立てるために学資保険を活用することを考えましょう。
普通の生命保険と異なり入学のタイミングや満期時に給付金が受け取れるので入学資金として貯蓄ができます。
もちろん、普通の生命保険と同じようにケガや病気の場合にも給付金を受け取れます。

学資保険と生命保険と二つに入らなくても、学資保険の内容を手厚くすれば一つで済みます。
学資保険の支払いは増えてもトータルの出費が減って手厚い保障を受けられる場合がありますから様々な保険を調べて検討しましょう。
プランは保険によって様々です。
月々の支払い金額や返戻率といった貯蓄性と保障のバランスが家庭の状況に最も合うものを選ぶことが大切です。

もちろん、教育費の貯蓄を意識して加入するので元本割れしないかを必ず確認しましょう。
ただし、保険の内容を手厚くしたために元本割れをすることもあります。
その場合は、他の保険に加入するよりも得な場合がありますからただ返戻率で決めるのではなく保障内容含めトータルの内容で比較検討しましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.