失敗

学資保険で快適に教育資金を貯める

教育費はこどもの成長にかかる費用の中でもとても大きなシェアを占めます。
学校に通う学費はもちろん、塾や習い事、修学旅行積立金や給食費も教育費に含まれるためかなりの費用になるのです。
お金がないことでこどもの進学や通塾での我慢はさせたくないものですし、やりたいと言うことは極力かなえてあげたいものです。
しかし、家計が傾くほど教育費にお金を割くことはできません。
そこで早いうちから計画的な準備が大事になってくるのです。

教育費の貯蓄方法としてもっとも有効なのが学資保険です。
もちろん、自分で計画的に貯金をすることができるならばそれでも問題ないでしょう。
しかし、自分で貯金するのとは異なり学資保険は育英年金がつきます。
自分で貯金をしていたとしてもこどもの生命保険には加入するものです。
それならば、生命保険の保障も受けられ支払った保険料を貯金できる学資保険に加入するほうがお得ではないでしょうか。

年齢が上がるにつれてこどもの教育費は高くなっていきます。
そのため早いうちから教育費を貯めておきたいですが、こどもが小さいうちは手がかかってなかなかそんなことまで手が回りません。
そこで学資保険に加入していれば月々の引き落としで勝手に貯金をしてくれ助かります。
しかも満期になるまで新しい手続きも必要なく決まったタイミングでの祝い金、満期保険金がおります。

学資保険は自分で貯金ができない人にはとてもお勧めです。
世帯収入に応じた保険料を設定しておけば無理なく18年近く貯金が続けられます。
貯金が苦手な人は自分で毎月の貯金額を決めるのが難しく、ここで無理をして続けられないものです。
しかし、学資保険は加入時にプランナーさんとの相談で無理なく支払える金額を提案してもらえます。
長く続けるからこそ無理のない金額であり、且つ入学時に必要な金額を想定して設定してもらえるのでとても効果的に貯金ができるのです。
また、学資保険であれば自分でお金を引き出すことができないのできちんと入学時に教育費として使えます。
学資保険で教育費の中でも大きな金額になる入学費用は大部分が準備できます。
安心して進学させられるよう早めから学資保険の準備を進めましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.