失敗

学資保険で利率を参考に選ぶ

学資保険というのは支払ったお金がそのまま戻ってくるものではありません。
銀行の定期預金のように一定の利率で利息が付いた分を受け取ることができます。
そのため、得をするには利率を考えて選ぶ必要があるのです。

学資保険の利率は基本的には銀行の定期預金よりは利率が高いものが多いです。
しかし、利率は保険会社やプラン、支払い内容によって変わってきます。
そのため、プランや支払い内容等もきちんと確認したうえで加入することが大事です。

学資保険の利率がどのくらいかを表す数字を返戻率と言います。
返戻率が高ければ高いほど利息が付くということです。
たとえば、100万円をトータルで支払って返戻率が110パーセントならば110万円、120パーセントならば120万円受け取れるということです。
また、返戻率が90パーセントなど100パーセントを切るものは元本割れをすると言うことになり、支払った金額より戻ってくる金額が少なくなるということです。
こういった説明をすると返戻率が高いものが良くて低いものが悪い、と思われがちですが数字だけで選ぶのはやめましょう。

返戻率を上げるにはいくつかの条件が付く場合があります。
返戻率が高いものには保険料を10年で支払いを終えなければならなかったり、保障内容が薄かったりする場合もあるのです。
もちろん、預けたお金が増えて戻ってくるのが理想ですが、それだけで選ぶのは危険なのです。
たとえば、10年で支払いを終えていればその後、保護者に万が一があっても保険料払込免除の対象外です。
保険料払込免除とは保護者が死亡したり重度障害をおった場合、保険料の払い込みは免除され、且つ育英年金として保険料の給付金は受け取れる仕組みです。
対象外というのは、支払った保険料は返金されないということです。

貯蓄性の高さが学資保険選びの基準であれば返戻率はもっとも大事なポイントです。
しかし、保険の内容をきちんと確認したうえで選ばないと保険としては役に立たない場合がありますから気を付けましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.