失敗

学資保険が必要な理由

こどもが産まれたら一気に生活環境が変わります。
もちろん始めのうちは手がかかりますから毎日の生活をすることで精いっぱいになってしまう可能性があります。
そこで、出産前の時間のあるうちからお金については考えておくようにしましょう。
なぜなら、こどもの教育に関してはとてもお金がかかり、それは年を追うごとに金額が増えていくため早めからの準備が必要なのです。

教育費の準備の仕方には二つあります。
まずは自分で貯金をする方法です。
これは単純ですがとても難しく、しっかり強い意志を持って行わないと続かないものです。
家事や育児で忙しい中できちんとお金の管理をして毎月お金を貯めていくことはとても大変なことです。
急な出費があったりすると貯金をできないときもあるでしょうし、更には赤字になる月もあるかもしれません。
また、きちんと計画的に貯金ができる人も最近は銀行の利息が低くなったためあまりお金が増やせなくなってしまいました。

そこでもう一つの方法として学資保険があります。
学資保険は教育費を貯蓄することを目的とした保険です。
もちろん、保険なので医療保障や死亡保障もついてきます。
更には、育英年金がついてくるので親に万が一のことがあれば学資保険料の支払いは免除されますが給付金は予定通り受けられます。
これは、自分で貯金する場合と大きく異なるメリットです。

また、学資保険の利率は定期預金の利率よりも高いことも学資保険のメリットです。
保険会社も多く存在するので自分に合ったものを選べます。
月々の支払金額はもちろんですが支払い方法も複数あり全額一括払いや年払いにすれば割引を受けられるものもあります。

このように学資保険には様々なメリットがあるため多くの人が加入しているのです。
学資保険に加入していない人の理由の第一位は「タイミングを逃したため」です。
こどもが産まれる前の時間があるうちから学資保険の情報を集めておいて時間をかけて選ぶようにしましょう。

学資保険は産まれる前から加入すれば最も長いプランだと成人するまで加入することになります。
長く付き合うものですし、途中解約すれば給付金は受け取れず損をしてしまいます。
家庭のプランに合ったものを選べるよう早いうちから情報収集をしてベストな保険を見つけましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.