失敗

こどもが産まれたら学資保険を!

こどもが産まれたらそれまでの夫婦二人の生活とは異なることがたくさんあります。
こどもと過ごす喜びももちろんですが、今までの生活習慣も異なることや初めての育児から不安なこともたくさん出てきます。
特にお金に関する不安は大きいものです。
さらに今は不景気な時代です。
景気の動向だけでなく、今の仕事が続けられきちんと給与を受け取り続けられるのかという不安もあります。

そこで、このような不安を解消する一つの方策として学資保険があります。
学資保険がどういうものか簡単に説明すると貯蓄型の生命保険のことです。
こどものけがや病気といった万が一に備える生命保険の要素と、こどもの入学時や保険の満期時にお金が給付されるという貯蓄性という二つの要素を兼ねているのです。
学資保険には各社によって違いがあり、貯蓄をメインにしたものや保険が手厚いもの、こどもだけでなく保護者の万が一にも備えられるものがあります。
また、貯蓄と保険のバランスに不満がある場合、保険料の上乗せをして保険を手厚いものにすることも可能です。
契約者が死亡して保険料が払えなくなっても一時祝い金や満期祝が受け取れるようになっています。

また、学資保険は満期時には返戻率が100パーセント以上になることが多いのも魅力です。
金利の低い銀行に預けているよりも貯蓄性が高くなるのです。
さらにこどもの保険と貯金とを一つで兼ね備えられることでお得という考え方もできます。

お金は持っていて損はないものです。
だからと言って安心のためになんでもやればいいというものではありません。
各家庭にそれぞれの金銭事情や価値観があります。

満期になるまで続けることに意味があるので、ライフスタイルに合った貯蓄、保険を選ぶことがとても重要です。
ここでは学資保険について知りたいと思う様々なことについて説明しています。
もしもの時の備えの一つとして学資保険を検討してみましょう。
そうする事で快適に子供の学生生活のサポートができるようになります。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.