失敗

元本割れしない学資保険の選択

こどもの年齢が上がるごとに教育費にかかる金額も上がっていきます。
そこで、早くから計画的な準備が必要です。
特に子供の年齢が低いうちは教育費はさほどかかりませんから、早いうちからの準備がとても大切です。
そこで、学資保険がとても有効なのです。

学資保険はこどもが産まれる前から小学校入学までに加入するのが一般的で17歳から22歳までに満期を迎えます。
同じ期間銀行に預けるよりも学資保険のほうが利率が高いものがほとんどです。
この利率を返戻率と言います。
返戻率は自分の支払った保険料に対する受け取る給付金の割合です。
返戻率が100パーセントを超えれば支払った金額より多くのお金が戻ってくるのです。
逆に、返戻率が100パーセントを下回れば元本割れと言い支払った保険料より戻ってくる給付金が少なくなってしまうのです。

せっかく長い期間保険料を支払って最後に戻ってくる金額が元本割れをすることは避けたいものです。
そこで、保険を選ぶ際には元本割れしない、返戻率が100パーセントを超えるものを検討してみましょう。

元本割れしない保険の特徴は余分な保障がついておらず仕組みがシンプルです。
まずは、医療保険や生命保険の内容がほとんどないものが多いです。
そのため、心配になって追加保障を付ける人も多いですが、学資保険につけることで元本割れの原因になります。
万が一のケガや病気に備えて医療保障をつけたい、と多くの人が思うものです。
そういった場合には、学資保険に追加保障を考えるよりも別で医療保険や生命保険に加入したほうがお得な場合が多いです。

また、給付金の受け取りが服す会のものは元本割れするものが多いです。
給付されるのが満期保険金のみなれば、保険会社にお金を預ける期間が長くなり利息が多くつくようになるためお得です。

このように、元本割れしない保険の多くはシンプルなものが多いです。
万が一のために手厚い保険に入りたい、保障型を検討している場合にはこのような保険は不向きです。
しかし、学資保険に加入する理由が貯蓄であれば、このような元本割れしない学資保険を検討しましょう。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.