失敗

こどもの教育資金を学資保険で確保

こどもの将来の夢をお金を理由に諦めさせることはしたくないものです。
しかし、教育費は近年増大しており早いうちからの塾通いや習い事でお金がとてもかかります。
こどもが産まれてすぐは教育費はほとんど必要ありませんからその時期から計画的に準備を進めておかなくてはなりません。

こどもの教育費を貯蓄する方法として学資保険がとても有効で半数近くのこどもが加入していると言われています。
多くの人が学資保険に加入する理由はいくつかあります。
まずは、利率が銀行の定期預金よりも高いことです。
せっかくお金を預けるならば少しでも増えて戻ってきてほしいものです。
そのため、利率が高いものはとても魅力的なのです。

次に、育英年金がついてくることがあげられます。
保険料を支払っている保護者に万が一のことがあれば、保険料の支払いが免除されます。
万が一のこととはケガや病気で障害を負った場合や亡くなった場合があり細かい条件は保険によって異なります。
保険料の支払いが免除された後も、給付金は予定通り支払われます。
そのため、保護者に万が一のことがあってもある程度の教育費は確保できるのです。

学資保険はこどもが産まれる前から小学校入学までに加入するのが一般的です。
満期時期は17歳から22歳まであり、10年以上加入する保険です。
そのため、少ない金額でも支払いを続けて入ればある程度大きなお金になります。

保険に加入する際に、月々の支払金額を設定しますが無理して金額設定する必要はありません。
もちろん、満期になった時にたくさんのお金が手に入るのは嬉しいことです。
しかし、長く支払いをしている間に不景気になり給料が減ってしまったりボーナスがなくなることもあるかもしれません。
途中で支払いが難しくなり解約することになればほとんどのお金は戻ってきません。
せっかく学資保険に加入したならば満期まで続けたいものです。
目安として大学入学費用の半分から3分の2が学資保険で賄える金額を月々支払うようにしましょう。

学資保険は返戻率ランキングで選ぶのも一考です。

Copyright(C) 2013 子どもの未来のために欠かせない All Rights Reserved.